二次会景品選びに迷ったら・・・

二次会景品はお楽しみbox

二次会の会場

忘年会などではクリスマスも兼ねて景品がでることがあります。
これも経費のうちなので、事業主にとっては税金対策のひとつでしょう。
景品を選ぶほうも悩んで大変でしょうが、もらっても嬉しくないものもあります。

とりあえずは事業主の手前、喜ぶのがすじでしょう。
二次会の会場まではたいてい事業主が来ることは少ないので、そこで景品を交換してもいいかもしれません。
会場まで景品を持って歩かなければいけないので、大きくて重い景品は苦痛以外のなにものでもありません。 

喜んでもらう方法

二次会の会場を決めてない場合は最悪です。
空いてなかったり、時間が早かったりで入れないと重い空気が流れます。
幹事は二次会もきっちり決めて、できれば歩いてすぐか一次会終了の前にタクシーを手配しておけばスムーズです。

一次会の時にさりげなく二次会の金額と場所を言って、参加するか聞いておけば完璧です。
人数が多いのならあらかじめ、二次会の人数も聞いておいたほうがいいでしょう。

幹事さんは何かと大変ですが、これも仕事のうちですし、段取りの仕方や、会場で自分の格が上がることもあります。

大事にしたいこと

もし仕事に追われて万全な準備が困難な場合は、景品の準備をサイトを利用する方法もあります。 
こういったサイトでは色々なタイプの景品をセットにしてお得な価格で
届けてくれたり、自分では思いつかなかった内容の物が見つかることもあるので
選んでいる時間が楽しくなってくるのではないでしょうか。

買いに行く手間もなく、会場まで届けてもらうようにすれば
ほとんど労力も使わずに済むので非常に便利でお勧めです。